肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 肩周りがいつも重い

  • 肩を揉むと凝り固まってしまう

  • 肩こりがひどくて仕事がつらい

  • 湿布をして寝ても肩こりが改善しない

つらい肩こりから解放されましょう

肩こりは日本人の国民病とも呼ばれ、

中高年だけではなく若年層にもお悩みの方は増えています。

 

マッサージや市販薬などで対処する方も多いですが、

一時的に症状が改善しても再発してしまうことが大半です。

 

つらい肩こりを解消するには、根本から改善する必要があります。

そこで、ここでは肩こりの原因や改善のためにできる対処法などをご紹介します。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

日常生活に潜む、つらい肩こりの原因

肩こりは慢性化しやすく、多くの方が悩まされています。
肩周辺の重みやダルさだけではなく、
ひどい場合には頭痛や吐き気などの症状を伴うこともあります。

肩こりを改善するためにも、まずは肩こりが起こる原因から知っておきましょう。

 

【肩こりが起こる原因】

 

●日本人の体型

欧米など海外に比べると、日本は肩こりを起こしやすいと言われています。
その原因は、日本人の体格です。
日本人は頭が大きいものの首は細く、肩などの骨格は小さい作りになっています。
そのため、頭を支える首や肩に負担がかかりやすく、筋肉が疲労して肩こりを引き起こすと考えられています

 

●筋肉疲労

肩こりで最も多い原因は筋肉疲労と言われています。
肩周辺の筋肉が疲労して硬くなり、血液循環が悪くなることで肩こりが生じます。
筋肉疲労が起こる原因は、主に日常的な不良姿勢習慣です。
姿勢の悪さや偏った筋肉の使い方によって肩に負荷がかかり、筋肉が疲労を蓄積させてしまいます。
また、最近ではデスクワークで肩こりを引き起こす方が増加しています。
同じ姿勢が続けることで姿勢が悪くなりやすく、肩から背中の筋肉が緊張することで肩こりに繋ることが考えられます。

 

●筋力の低下

運動不足や加齢により筋力が低下することで負荷がかかりやすくなり、肩こりも生じやすくなります。
とくに腹筋の低下により姿勢を正しく維持できなくなり、肩こりが起こりやすくなることが考えられます。
また、運動不足で動かさないことが続けば、筋肉が硬くなることで肩こりに繋がりやすくなります。

 

●血液循環不全

血液循環が悪いと筋肉も硬くなりやすくなることから、肩こりに繋がると言われています。
ストレスや冷え、加齢が原因で血液循環が悪くなるとされていますが、血圧異常が関係している場合もあります。
そのため、低血圧高血圧の方が起こりやすいと考えられます。

 

●眼精疲労

パソコンやスマホの使い過ぎによる眼精疲労も肩こりを引き起こす原因の1つと考えられます。
眼精疲労により目の筋肉が緊張した状態になれば、首や肩の筋肉も凝り固まってしまいます。

日常習慣を見直して肩こりを改善しましょう

肩こりがあると、家事や仕事など日常生活でもつらいことが増えてしまうことでしょう。

一時的に肩こりを改善させるのではなく、原因や症状に合った対処法で肩こりの改善を目指しましょう。

 

【肩こりの対処法】

 

●ストレッチで柔軟性を高める

肩こりは筋肉が硬くなっている状態なので、ストレッチを習慣付けることで柔軟性を高めましょう。
デスクワークなどで同じ姿勢が続くような場合には、休憩を挟んでストレッチを取り入れてみてください。

伸びをするストレッチや、腕を後ろに引くストレッチなど簡単なストレッチでも筋肉疲労の解消が期待できます。

 

●入浴して温める

入浴して温めることで血行が促進され、筋肉の緊張をほぐすことができます。
肩こりがつらい時には、肩までしっかり浸かって温めましょう。
身体が温まっている状態でストレッチをすると、より柔軟性を高められます。

 

●適度運動やトレーニングをする

ウォーキングや水泳などの適度な運動は、肩こりの原因となる血行不良を改善できます。
また、適度な運動やトレーニングで筋力をつけることで
肩への負荷の軽減が期待できます。

 

●不良姿勢の改善

姿勢が悪いと筋肉バランスが崩れ、肩に余分な負荷がかかってしまいます。
日常的に姿勢を正すことを心掛け、猫背や反り腰にならないように注意しましょう。
体幹トレーニングでインナーマッスルから鍛え、身体全体の筋肉バランスの崩れを予防しましょう。

 

●眼精疲労を予防する

眼精疲労にならないように、スマホやパソコンは長時間使用を避けましょう。
仕事などで避けられない場合には、目が疲れてきたら遠くを見たり、目を閉じる、温めるなど定期的に目を休ませましょう。

 

●生活習慣の乱れを改善する

肩こりの原因の1つである血液循環不全は、生活習慣の乱れが関係していることがあります。
とくに低血圧や高血圧の方には多いでしょう。
十分な睡眠を取り、栄養バランスの取れた食生活を心掛け、ストレスは溜めこまないようにしましょう。

南柏かいもり接骨院の【肩こり】アプローチ方法

当院では肩こりの原因や、現れている症状によって、さまざまな施術法を使い分けています。

頸椎が真っ直ぐになっていると首の筋肉に負担がかかりやすくなってしまい骨盤が後ろに傾いてしまっていると頭の位置がさらに前にいってしまいより肩こりが起きやすい状態になっています。

血液循環が悪くなってしまっている方も多いため「カッピング療法」「骨格矯正」、首から頭蓋周りに緊張を起こしている方には「ドレナージュ(EHD)」を、可動域が狭くなりすぎてしまっている方には「ハイボルト療法」をおすすめしています。

 

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ぎっくり腰などの激しい痛みから慢性的な痛みまで、患部の炎症による痛みはハイボルト(高電圧)による施術がおすすめです。
ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に与えることで、痛みの緩和を図るほか、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

東洋医学では「病気になる前の段階=未病」を予防することが重要だと考えています。
経穴(ツボ)を刺激し気血の流れ促進することで、症状を未病の段階で防ぐことが期待できます。
また、筋肉の緊張からなる「肩こり」「腰痛」など症状も経穴(ツボ )刺激により血液循環を促進することで改善が期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言うと、捻挫や肉離れなどのケガに対してしっかりと固める、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
テーピングにはいくつか種類があり、「固定」以外にもケガの「予防」や「パフォーマンス向上」などの目的で使われる場合があります。

 

■骨格矯正

慢性的な腰痛や頭痛、手足のしびれなどにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そのような症状の原因の一つに骨格バランスの崩れが挙げられます。
背骨のズレや、背骨のゆがみを本来の状態に矯正することで、血流が促進され神経の働きを整えていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「何をしてもつらい、症状がよくらない」「同じ症状にずっと悩まされている」 そのような場合、もしかしたら筋膜が硬くなっているのかもしれません。
筋膜とは筋肉の表面を覆っている膜です。それぞれの筋膜は隣の筋肉の筋膜とつながり有機的に連動しています。
仮に腰痛や肩こりがなかなか改善しない場合、腰部や肩以外の筋膜が関連している場合があります。固くなった筋膜にアプローチすることで症状の改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【EHD】

EHDは英語の「Eye Head Drainage」の頭文字をとったものです。
整骨院・接骨院でも頸部や頭部にアプローチすることは珍しくなくなっていますが、目の周囲や頭蓋骨にアプローチする技術を持つ柔道整復師はそれほど多くありません。
少し専門的な話になりますが、頭蓋骨は呼吸に合わせてわずかに開いたり閉じたりしており、そのことを「一次呼吸」と呼んでいます。
その一次呼吸のリズムが乱れると、頭痛や眼精疲労をはじめとした不調が現れやすくなります。

 

■カッピング

「カッピング」は老廃物や痛み物質を除去する効果や自律神経のバランスを調整する効果が期待される施術です。
海外のオリンピアンも行うほどよく知られた施術法で、慢性的な症状に悩まされている方や疲れが抜けにくい方、寝つきが悪い方などにおすすめの施術です

 

■温熱療法

整骨院・接骨院というと電気療法を行ったり、包帯やテーピングを巻いたりするところだとイメージされる方も多いですが、身体を芯から温める各種温熱療法にも力を入れています。
特に慢性化した疾患の改善には温熱療法が欠かせないと考えています。
ホットパック・サーモフォア、マイクロ波、特殊温熱機などを用いた温熱療法によって、人間が本来持っている自然治癒力を高め症状の緩和を目指します。

 

■PIA

私たちの身体の中には、「生体電流」という微弱な電気が流れています。
その生体電流は、人間の生命活動に深く関わっており、生きる上で欠かすことはできないものです。
そんな生体電流が乱れてしまうと「肩こり」や「腰痛」「婦人系トラブル」などさまざまな不調が現れるようになります。
その乱れてしまった生体電流を経穴を刺激することにより中から整えていく施術が、この「PIA(ピア)」になります。

 

■小顔矯正

「モデルさんのような小さな顔になりたい!」という願いをお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
小顔を目指すといっても頭蓋骨の大きさは一人ひとり異なるためその大きさ自体を変えることはできません。
しかし、顔の筋緊張やむくみ、全身のバランスによって、本来の大きさよりも顔が大きく「みえてしまっている」可能性はあります。
小顔矯正は、筋緊張やむくみにより大きくみえてしまっている顔を本来の大きさに戻すことで、小顔を目指していきます。
また、血流が促進されることで顔色も明るくなる効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:江島 浩文(エジマ ヒロフミ)
10月18日
A型
福岡県
映画鑑賞
骨格矯正
お1人で悩まずに気軽にご相談下さい。
一緒に笑顔になれる様に共に頑張りましょう。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南柏かいもり接骨院
住所〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13
最寄:南柏駅から徒歩4分
駐車場:あり(2台)
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中