骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転倒して骨折してしまった

  • 打ち付けた部分が痛くて動かせない

  • 骨折を早く改善してスポーツに復帰したい

  • 高い場所から落ちて骨折した

骨折は早期処置が重要です

骨折はスポーツや事故だけではなく、日常動作でも起こるケガです。

骨が折れたりヒビが入ってしまったりすることで、痛みや腫れなどの症状が現れます。

 

骨折は回復するまでに時間がかかりますが、

早期に適切な処置をすることで早期改善が期待できます。

ここでは、骨折の症状や対処法についてご紹介します。

骨折改善メニュー Recommend Menu

骨折の症状や原因について知りましょう

骨折は、部分的に骨の連続性が失われてしまうケガのことを言います。

骨が完全に折れて離れている状態を「完全骨折」と言い、一部にヒビが入っている状態を「不完全骨折」と言います。

また、骨折の原因によって呼び方が異なり、「外傷性骨折」「疲労骨折」「病的骨折」といった種類もあります。

 

【骨折の症状】

 

●固有症状

骨折の固有症状として、骨が異常な方向に動いてしまう「異常可動性」や、「軋轢音」と呼ばれる骨の動く音が聞こえるといった症状が挙げられます。

骨が元の位置からずれる「転位」「変性」が生じることもあります。
また、全身症状として「発熱」や、顔面蒼白や手足が冷たくなるような「ショック症状」が起こることもあるでしょう。

 

●局所症状

一般的な外傷の症状と同様になるため骨折と断定できない症状ですが、自発痛や介達痛、圧迫痛などさまざまな種類の「疼痛」が生じます。
また、腫れや運動の制限なども症状として現れます。

 

●併発性の症状

骨折は強い外力が加わることで生じるため、その外力や骨折した骨片などが原因で筋肉や腱などの軟部組織が損傷する場合があります。
また、血管や末梢神経が損傷する場合もあるため注意が必要です。

 

【骨折が起こる原因】

 

●強い外力が加わる

強い外力が部分的に加わることで骨が損傷すれば、骨折を起こします。
スポーツによる衝突や転倒だけではなく、日常生活で不注意による転倒でも起こることが多いです。
また、高齢者は筋力が低下しているため転倒やベットからの落下が原因で骨折を起こすことも多いと言われています。

 

●不良姿勢

年齢を重ねると骨密度が減少することで脊髄が圧迫されて骨折しやすくなります。
日常の単純な動作でも骨折しやすくなります。
脊髄が圧迫される原因は、日常の不良姿勢などが原因です。

 

●使い過ぎ

スポーツや仕事で同じ部分に負荷がかかる動作が続くことで、使い過ぎによる疲労骨折を起こすこともあります。

 

●生活習慣の乱れ

睡眠不足や栄養不足などの生活習慣の乱れ場、骨を弱くしてしまうことで骨折しやすい身体になってしまいます。
睡眠や食事で身体に栄養が行き渡っているため、生活習慣の改善は丈夫な骨を作るためにも重要と言えます。

 

日常で行える骨折の対処法や予防方法

骨折は予期せずに起こることが大半です。
そのため、骨折した場合の対処法や、骨折を避けるためにできる予防方法を知っておきたいものです。

日常生活において適切に骨折へ対処できるように対処法や予防法を知っておきましょう。

 

【骨折した場合の対処法】

 

骨折をした場合には、すぐに応急処置を行うことで症状の悪化を防ぎ、早期改善が期待できます。

応急処置には「RICE処置」と呼ばれる処置を行うことが一般的です。
RICE処置では患部を動かさないように安静にして固定し、冷やすことで炎症を抑制します。

【骨折の予防策】

 

●スポーツにおける予防

スポーツを行う前には十分にストレッチをして筋肉や関節の柔軟性を高めます。
そうすることで、急な動きで転倒しないように予防することができるでしょう。
また、同じ部分に余分な負荷がかかって骨折を起こさないようにするためにも、正しいフォームを身に付け、運動後にはアイシングで疲労を回復させましょう。

 

●日常生活における予防

加齢により骨が劣化してしまうため、骨を強くするためにも睡眠や食事など生活習慣の乱れを正すようにしましょう。
また、適度な運動で筋力を高め、骨を守れる身体作りをすることも大切です。

 

【骨折が回復するまでの経過について】

 

骨折が回復するまでの時期は4つに分けられます。

受傷した直後は「炎症期」と呼ばれ、炎症による痛みや腫れが強く出ます。
その後、仮の骨が形成される「仮骨形成期」や、仮の骨の強度が高まる「仮骨硬化期」を経て、本来の骨が再造形される「リモデリング(再造形)期」になり回復していきます。

 

南柏かいもり接骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折とは、骨の連続性が断たれた状態のことを言います。

骨折と聞くと転倒や事故などでとても大きな衝撃が身体に加って起こすものだと想像すると思います。 勿論それも正解です。
しかし、「こんなんで折れちゃうの!?」と思うぐらい小さな衝撃でも骨折してしまうこともあります。

例えば、ちょっと段差に躓いただけ軽く尻もちを着いただけくしゃみをしただけなど、年齢や健康状態によってさまざまですが、骨折の原因は日常に意外と潜んでいるのです。

当院では小さなケガも見逃さないため、カウンセリングや検査をしっかり行い、痛みの改善と安心感をもっていただけるよう努めて施術を行っています。

実際に骨折が疑われる場合には応急処置を施し、近隣の医療機関で画像診断及び確定診断を受けていただきます。
その後のリハビリや後療は引き続き当院で施術可能になります。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

整接骨院というと、ケガをした時に行く場所というイメージがありますよね。 実際、スポーツをしていてケガをしたり、家事をしていてぎっくり腰になったりした場合、健康保険を使って施術を受けることが可能です。 この他にも、交通事故によるケガの施術や、仕事中のケガの施術にも保険が使える場合があります。※骨折、脱臼は医師の同意が必要です

 

■ハイボルト療法

ぎっくり腰などの激しい痛みから慢性的な痛みまで、患部の炎症による痛みはハイボルト(高電圧)による施術がおすすめです。
ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に与えることで、痛みの緩和を図るほか、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「何をしてもつらい、症状がよくらない」「同じ症状にずっと悩まされている」 そのような場合、もしかしたら筋膜が硬くなっているのかもしれません。
筋膜とは筋肉の表面を覆っている膜です。それぞれの筋膜は隣の筋肉の筋膜とつながり有機的に連動しています。
仮に腰痛や肩こりがなかなか改善しない場合、腰部や肩以外の筋膜が関連している場合があります。固くなった筋膜にアプローチすることで症状の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:江島 浩文(エジマ ヒロフミ)
10月18日
A型
福岡県
映画鑑賞
骨格矯正
お1人で悩まずに気軽にご相談下さい。
一緒に笑顔になれる様に共に頑張りましょう。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南柏かいもり接骨院
住所〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13
最寄:南柏駅から徒歩4分
駐車場:あり(2台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中