打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 知らない間に
    青あざが
    できていた

  • 打撲した部分が腫れている

  • 打撲の回復が
    遅くて不安だ

  • ぶつけた部分が強く痛む

打撲を放置していまんせんか

打撲は誰もが一度は経験すると言われるほど日常的なケガです。


「打ち身」とも呼ばれており、放っておけば

その内に回復すると考える方も多いでしょう。

 

しかし、打撲を放っておけば痣になるだけではなく、

回復に時間がかかる場合や筋力が低下してしまう場合もあります。


打撲は軽視するのではなく、適切な対処で早期改善を目指しましょう。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲が起こる原因や症状について

 

打ち身は、私たちにとって身近なケガの1つです。
部分的に外部からの強い衝撃を受けることで、筋(骨)や血管などの皮下組織が損傷した状態を指します。

打撲の症状や原因について詳しくみていきましょう。

 

【症状】

 

打撲した部分やその周辺が炎症するため、主に痛みや腫れ、熱感が生じます。

受傷直後には痛みや異変がないことも多いですが、時間が経過すると激しく痛むようなことも少なくありません。

内出血を起こすことで受傷した周辺の皮膚が青紫色に変色し、頭部の場合はこぶが生じます。

 

 

【原因】

 

●スポーツでの衝突

スポーツをしていれば、選手や道具と衝突することで打撲を負うようなことがあります。
ラグビーやバスケットボース、サッカーなど選手同士の衝突が多いスポーツでは受傷することが多くなります。

 

●転倒

スポーツ中だけではなく、日常生活でも転倒すること打撲を負うケースは非常に多いです。
日常的な不良姿勢で身体のバランスが悪くなっていると転倒することも増えます。
また、足腰の筋力が低下している中高年も転倒することが多く、打撲などのケガをする方が多いです。

 

●落下

階段を踏み外すなどして落下した際にも打撲は生じます。
高齢者の場合、ベッドから落下して受傷することもあります。

 

●物にぶつかる

日常生活の中で不注意により壁や家具にぶつかれば、打撲が生じます。
血液により酸素や栄養が送られてくるため、冷えや筋肉の緊張により血流が悪ければ改善が遅くなることもあります。

 

 

打撲は放置せずに適切な処置を行いましょう

 

打撲はすぐに痛みを感じないことも多いため、処置をしないことも多いでしょう。

しかし、放置してしまうことで症状の悪化や回復の遅れを招くこともあります。

身近なケガだからこそ、適切な処置をいつでも行えるように処置法を知っておきましょう。

 

【打撲の対処法】

 

●応急処置を行う

打撲した際には、すぐに応急処置を行うことで症状が悪化することを予防できます。 応急処置の方法は、「RICE処置」と呼ばれる方法が一般的です。

R:Rest(安静にする)
受傷後に無理をして動かせば、症状が悪化してしまう恐れがあります。
そのため、患部を動かさないように安静にします。

I:Ice(冷やす)
患部を冷却シートやアイスパックで冷やし、炎症を抑制します。

C:Compression(圧迫する)
患部を包帯やテープで圧迫し、炎症が広がることを抑制します。

E:Elevation(拳上する)

患部を心臓より高い位置に挙げ、腫れや内出血を軽減させます。

 

●テーピングをする

テーピングをすれば、患部に負荷がかかることを防ぐことができます。
日常生活で負荷がかかれば回復に時間がかかってしまうため、テーピングをすることは大切です。
また、よく動かす部分の場合にはテーピングすることで、固定することができます。

 

●血行促進されることは避ける

受傷した直後から数日間は患部が炎症している状態です。
血液循環が良くなれば炎症が悪化して痛みや腫れが強くなるため、入浴やお酒、激しい運動は避けるようにしましょう。

 

●規則正しい生活を心掛ける

睡眠中に細胞は修復を行うため、早期回復のためには十分な睡眠を取る必要があります。
また、血液による栄養が運ばれるため、栄養のある食事を採ることも大切です。

 

●ストレッチやトレーニングでケガ予防を行う

日常生活の中で転倒や落下などで負傷しないためにも、ストレッチやトレーニングを行いましょう。
ストレッチは関節や筋肉の柔軟性を高める働きがあり、柔軟性が高められれば急な動きにも対応できるようになります。

また、体幹トレーニングインナーマッスルを鍛えることで、身体のバランスを保てるようになり、転倒しにくい身体をつくることができるでしょう。

 

南柏かいもり接骨院の【打撲】アプローチ方法

当院ではまずきちんとカウンセリングを行い症状の度合いを見極めることから始めます

それによって、患者さんお一人お一人の症状に合わせた的確な施術プランをご提案します。

施術プランを決定した後、「ハイボルト療法」「超音波療法」を使って、痛みの緩和を目指します

その後に、痛みを抑えるために「テーピング」で圧迫固定をしていきます。
打撲はポイントによって長引く可能性があるので早めのご来院をおすすめしています。

 

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

整接骨院というと、ケガをした時に行く場所というイメージがありますよね。 実際、スポーツをしていてケガをしたり、家事をしていてぎっくり腰になったりした場合、健康保険を使って施術を受けることが可能です。 この他にも、交通事故によるケガの施術や、仕事中のケガの施術にも保険が使える場合があります。※骨折、脱臼は医師の同意が必要です

 

■ハイボルト療法

ぎっくり腰などの激しい痛みから慢性的な痛みまで、患部の炎症による痛みはハイボルト(高電圧)による施術がおすすめです。
ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に与えることで、痛みの緩和を図るほか、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

東洋医学では「病気になる前の段階=未病」を予防することが重要だと考えています。
経穴(ツボ)を刺激し気血の流れ促進することで、症状を未病の段階で防ぐことが期待できます。
また、筋肉の緊張からなる「肩こり」「腰痛」など症状も経穴(ツボ )刺激により血液循環を促進することで改善が期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言うと、捻挫や肉離れなどのケガに対してしっかりと固める、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
テーピングにはいくつか種類があり、「固定」以外にもケガの「予防」や「パフォーマンス向上」などの目的で使われる場合があります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「何をしてもつらい、症状がよくらない」「同じ症状にずっと悩まされている」 そのような場合、もしかしたら筋膜が硬くなっているのかもしれません。
筋膜とは筋肉の表面を覆っている膜です。それぞれの筋膜は隣の筋肉の筋膜とつながり有機的に連動しています。
仮に腰痛や肩こりがなかなか改善しない場合、腰部や肩以外の筋膜が関連している場合があります。固くなった筋膜にアプローチすることで症状の改善を目指します。

 

■温熱療法

整骨院・接骨院というと電気療法を行ったり、包帯やテーピングを巻いたりするところだとイメージされる方も多いですが、身体を芯から温める各種温熱療法にも力を入れています。
特に慢性化した疾患の改善には温熱療法が欠かせないと考えています。
ホットパック・サーモフォア、マイクロ波、特殊温熱機などを用いた温熱療法によって、人間が本来持っている自然治癒力を高め症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:江島 浩文(エジマ ヒロフミ)
10月18日
A型
福岡県
映画鑑賞
骨格矯正
お1人で悩まずに気軽にご相談下さい。
一緒に笑顔になれる様に共に頑張りましょう。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南柏かいもり接骨院
住所〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13
最寄:南柏駅から徒歩4分
駐車場:あり(2台)
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中