スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 練習中に肩を痛めた

  • 運動をしていて足を捻った

  • スポーツをしていてケガすることが多い

  • 試合前にケガを回復させたい

スポーツを楽しむために、ケガの原因や予防法を理解しましょう

スポーツをしていれば、想定外のことが起こりケガをしてしまうことも珍しくありません。

 

激しい運動ではなくても、日常の運動不足を解消するための運動で

ケガしてしまうこともあるでしょう。

 

こうしたケガを何度も繰り返さないためには、原因や予防法を知っておくことが大切です。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツ障害とスポーツ外傷の違い

スポーツによるケガにはさまざまな種類がありますが、大きく分けると「スポーツ障害」「スポーツ外傷」に分けることができます。

それぞれ原因や特徴が異なるため、まずはケガの種類を知っておく必要があります。

スポーツ障害とスポーツ外傷について詳しく見ていきましょう。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、スポーツによる繰り返し同じ身体の部位に負荷がかかることで生じるケガのことを言います。

主に、野球肩やランナー膝、ジャンパー膝、テニス肘などが挙げられます。

スポーツ障害が起こる原因や起こりやすい要因は、次の3つが挙げられます。

 

 

●オーバーユース

同じ動作を繰り返すことで部分的に過度な負荷がかかることを指します。
トレーニングなどで同じ部分を使いすぎてしまい、疲労を蓄積させることでケガが生じます。

 

●ミスユース

誤ったフォームによる筋肉や関節の間違った使い方を指します。
間違った使い方が続けば余分な負荷がかかるため、損傷に繋がります。

 

●ディスユース

準備運動不足な状態や、日常的に使わな過ぎた状態から急な運動を行うことで身体に負荷がかかることを指します。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ外傷とは、一度の強い外力を受けたことで起こるケガのことを言います。

選手や道具との衝突や転倒などが原因で起こり、スポーツだけではなく日常生活の中でも起こり得ます。
スポーツ外傷には「打撲」や「創傷」「骨折」「脱臼」「捻挫」「血管損傷」などが挙げられます。

受傷した際には、まずは応急処置である「RICE処置」で対処しましょう。

 

【スポーツ選手以外の方にも多いケガ】

 

スポーツ障害やスポーツ外傷は、スポーツ選手に多いケガというイメージがあるかもしれません。
しかし、スポーツ選手だけではなく誰にでも起こる可能性があるケガと言えます。

家事で同じ作業が続く主婦や、運動不足を解消するために運動をする中高年、部活動を行う子どもにも起こります。

スポーツのケガは予防と早期対処が大切です

スポーツをしている際などは特に、予測できずにケガをしてしまうことはあるでしょう。

そのため、少しでもケガを予防できるように対策を知っておく必要があります。
また、受傷直後に適切な処置を行うことで早期改善が期待できます。

スポーツを楽しむためにも、適切な対処法と予防策を知っておきましょう。

 

【日常でおこなえる予防策】

 

●運動前のストレッチや準備運動

運動する前にはストレッチや準備運動を行うことで、身体を温めるようにしましょう。
ウォーミングアップすることで筋肉や関節の柔軟性が高まり、急な動きでケガすることを予防します。

 

●運動後のクールダウン

運動した後には熱くなった筋肉を冷やすことでクールダウンさせましょう。
クールダウンすることで筋肉や靭帯の疲労回復に繋がり、ケガしにくい身体づくりが目指せます。

 

●競技に合わせたトレーニングをする

競技により使う筋肉は異なるため、使用頻度の高い筋肉を鍛えることで負荷に耐えられる身体をつくりましょう。
また、正しいフォームを身に付け、誤った身体の使い方による損傷を予防します。

 

●入浴する

入浴すれば緊張した筋肉をほぐし、血流を促進できます。
血流が促進されることで労物質も流れるようになり、疲労回復が期待できます。

 

【ケガした場合の対処法】

 

受傷した際には、すぐに応急処置を行います。
応急処置は「RICE処置」と呼ばれる方法で、症状の悪化を予防することや損傷の早期改善のために必要な処置です。

R:Rest(安静にする)

患部を動かさないように安静にすることで、症状の悪化を予防します。
試合中の場合には、安全な場所に移動して安静にしましょう。

 

I:Ice(冷やす)

患部を冷やすことで炎症を軽減させれば、痛みの軽減が期待できます。
アイスパックや氷を入れたビニール袋などを使って冷やしますが、冷やしすぎると低温火傷を起こしてしまうので15分ほど経ったら様子を見てください。

C:Compression(圧迫する)

包帯やテーピングで患部を圧迫することで、炎症が広がることを予防します。
強く圧迫すると血液循環が悪くなるので、適度に圧迫するようにしましょう。

 

E:Elevation(拳上する)

患部を心臓より高い位置に挙げることで腫れや内出血を抑制します。
足を受傷した場合には、枕やクッションを使って足を挙げるような体勢を取りましょう。

 

【テーピングのメリット】

 

テーピングは患部の圧迫や固定だけが役割ではありません。
ケガしやすい部分にテーピングをすることで、過度に負荷がかかることを予防しながら動かすことができます。

 

南柏かいもり接骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院ではまず最初に症状の原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

偶然の事故で起こるケガ以外の多くの原因は「セルフケア不足」「筋力不足」「フォームの悪さ」にあると考えています。

「超音波療法」「鍼灸」「ハイボルト療法」「骨格矯正」「経穴(ツボ)へのアプローチ」「テーピング」を使って、まず最初に痛みの軽減を目指します。
その後は痛みが取れた部分の管理を徹底し、痛みの再発防止に努めます。

また、スポーツでのケガは多岐に渡るため、

「競技に合わせてのテーピング」
「日常トレーニングにおいて競技によって鍛えるべき箇所のアドバイス」
「フォームのご提案」
「ケガをしにくくするためのアドバイス」

なども行っています。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

整接骨院というと、ケガをした時に行く場所というイメージがありますよね。 実際、スポーツをしていてケガをしたり、家事をしていてぎっくり腰になったりした場合、健康保険を使って施術を受けることが可能です。 この他にも、交通事故によるケガの施術や、仕事中のケガの施術にも保険が使える場合があります。※骨折、脱臼は医師の同意が必要です

 

■ハイボルト療法

ぎっくり腰などの激しい痛みから慢性的な痛みまで、患部の炎症による痛みはハイボルト(高電圧)による施術がおすすめです。
ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に与えることで、痛みの緩和を図るほか、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

東洋医学では「病気になる前の段階=未病」を予防することが重要だと考えています。
経穴(ツボ)を刺激し気血の流れ促進することで、症状を未病の段階で防ぐことが期待できます。
また、筋肉の緊張からなる「肩こり」「腰痛」など症状も経穴(ツボ )刺激により血液循環を促進することで改善が期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言うと、捻挫や肉離れなどのケガに対してしっかりと固める、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
テーピングにはいくつか種類があり、「固定」以外にもケガの「予防」や「パフォーマンス向上」などの目的で使われる場合があります。

 

■骨格矯正

慢性的な腰痛や頭痛、手足のしびれなどにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そのような症状の原因の一つに骨格バランスの崩れが挙げられます。
背骨のズレや、背骨のゆがみを本来の状態に矯正することで、血流が促進され神経の働きを整えていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「何をしてもつらい、症状がよくらない」「同じ症状にずっと悩まされている」 そのような場合、もしかしたら筋膜が硬くなっているのかもしれません。
筋膜とは筋肉の表面を覆っている膜です。それぞれの筋膜は隣の筋肉の筋膜とつながり有機的に連動しています。
仮に腰痛や肩こりがなかなか改善しない場合、腰部や肩以外の筋膜が関連している場合があります。固くなった筋膜にアプローチすることで症状の改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【EHD】

EHDは英語の「Eye Head Drainage」の頭文字をとったものです。
整骨院・接骨院でも頸部や頭部にアプローチすることは珍しくなくなっていますが、目の周囲や頭蓋骨にアプローチする技術を持つ柔道整復師はそれほど多くありません。
少し専門的な話になりますが、頭蓋骨は呼吸に合わせてわずかに開いたり閉じたりしており、そのことを「一次呼吸」と呼んでいます。
その一次呼吸のリズムが乱れると、頭痛や眼精疲労をはじめとした不調が現れやすくなります。

 

【DPL】

DPLは英語の「Deep Press Lymph drainage」の頭文字をとったものです。
血行不良がみられる場所に存在するリンパを刺激することで、リンパの流れを促進し、体内の老廃物を排出する施術法です。
DPLはすべてオールハンドで行われるため、卓越した施術能力と医学に関する深い造詣が必要となり美容業界からも注目されています。

 

■温熱療法

整骨院・接骨院というと電気療法を行ったり、包帯やテーピングを巻いたりするところだとイメージされる方も多いですが、身体を芯から温める各種温熱療法にも力を入れています。
特に慢性化した疾患の改善には温熱療法が欠かせないと考えています。
ホットパック・サーモフォア、マイクロ波、特殊温熱機などを用いた温熱療法によって、人間が本来持っている自然治癒力を高め症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:江島 浩文(エジマ ヒロフミ)
10月18日
A型
福岡県
映画鑑賞
骨格矯正
お1人で悩まずに気軽にご相談下さい。
一緒に笑顔になれる様に共に頑張りましょう。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南柏かいもり接骨院
住所〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13
最寄:南柏駅から徒歩4分
駐車場:あり(2台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中