膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 立ち上がる時に膝が痛む

  • 階段がつらい

  • 膝が痛んで曲げにくい

  • 長時間歩くと
    膝が痛い

動くことを億劫にしてしまう、膝の痛み

膝は歩く・走るなど多くの動作に使われる部分なので、

痛みがあると動くことがつらくなってしまいます。


しかし、放っておけば膝が曲げにくくなり、

ひどい場合には歩くことも困難になるかもしれません。


膝に違和感や痛みが生じた場合には、早めに対処するようにしましょう。


ここでは、膝の痛みの原因や対処法についてご紹介します。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みはケガだけが原因ではありません

 

膝を曲げたり伸ばしたりすることで、さまざまな動きをすることができます。

膝は私たちの体重を支える役割も担っており、膝には常に大きな負荷がかかった状態です。
そのため、膝は痛めやすい部分であり、中高年やスポーツをする方に発症することが多い症状です。

 

【膝の痛みの原因】

 

●変形性膝関節症

膝関節にある軟骨がすり減ってしまい、骨が変形してしまっている状態です。
中高年に発症することが多く、原因には加齢による筋力量の低下や間違った筋肉の使い方、肥満などが挙げられます。

 

●ケガによるもの

「半月板損傷」「膝関節靭帯損傷」などケガの症状として膝の痛みが現れる場合あります。
これらのケガは、強い衝撃や外力がかかることで半月板や靭帯が損傷している状態です。
スポーツだけではなく、転倒など日常生活の動きが原因でも起こります。

 

●病気によるもの

病気の症状の1つとして膝の痛みが生じることがあり、代表的な病気に「関節リウマチ」が挙げられます。
関節リウマチは関節に炎症が起こる病気で、発症原因は不明とされています。

 

●関節や筋力の柔軟性の低下

普段からあまり膝を使わないでいると、膝関節や膝周りの筋肉の柔軟性が低下してしまいます。
関節の柔軟性が失われることで動きが悪くなり、筋肉が硬くなることで痛みが生じるようになる場合があります。

 

●筋肉の緊張

日常的に不良姿勢が続けば身体の筋肉バランスが悪くなり、膝に余分な負荷がかかるようになります。
負荷が蓄積された膝周りの筋肉は緊張して硬くなり、痛みが生じやすくなります。

 

●水分不足

膝の中のクッションには水があり、軟骨の栄養補給や、軟骨を動かしやすくする役割があります。
しかし、水分が不足している状態になると痛みが生じてしまいます。

 

膝の痛みのケース別対処法と予防法

膝の痛みの原因はさまざまなものが考えられるため、原因に合った対処をすることが早期改善に繋がります。

また、今は膝の痛みがなくても将来的に痛みが生じる可能性もあるので、日常生活の中でできる予防策についても知っておきましょう。

 

【原因別の対処法】

 

●変形性膝関節症

膝周辺の筋肉が硬くなっていると痛みが生じやすくなるので、痛みのない範囲でストレッチを行い柔軟性を高めましょう。
筋力の低下も関係しているため、ウォーキングなど適度な運動で膝周辺の筋肉を鍛えることも大切です。

 

●ケガの場合

半月損傷版膝関節靭帯損傷は、損傷直後には動かさないように安静にしましょう。
動かすことで損傷が悪化する可能性があります。
また、アイシングすることで炎症を抑制すれば、痛みの軽減が期待できます。

 

●病気の場合

関節リウマチを発症した場合には、医療機関に相談しましょう。
免疫機能を高めるために、睡眠や食事など生活習慣の乱れの改善も心掛けてください。

 

●病気やケガ以外の場合

病気やケガ以外で膝に痛みが生じている場合には、温めることで痛みの緩和が期待できます。

入浴などで温めることで緊張している膝周辺の筋肉をほぐすことができるのでおすすめです。

 

痛みが少ない時には、ストレッチなどで筋肉や関節の柔軟性を高めましょう。

 

 

【膝の痛みの予防策】

 

膝の痛みが生じないように日常でおこなえる予防策として、ストレッチが挙げられます。
アキレス腱を伸ばす、太ももの裏を伸ばすといった簡単なストレッチでも膝の筋肉や関節の柔軟性が高められます。

適度な運動をすることで筋力が高まれば、膝への負荷にも耐えられるようになるでしょう。
また、正しい歩き方を身に付けることで膝に余分な負荷がかかることを避けられますし、足の筋力も高まります。

 

膝の水分が不足しないように、水分補給も日常的にしっかり行いましょう。

 

南柏かいもり接骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝は、股関節よりもはっきりと悪い場所が分かれますので場所別にお話していきたいと思います。

●膝の前面に痛みを感じる場合

太ももの前が硬すぎることが原因かもしれません。
膝の前は大腿四頭筋という大きな筋肉が関与していることが多いです。
当院にご来院いただく方で多いケースは膝の前側の筋肉が硬すぎることで膝の動きが制限されてしまっているケースです。
その場合、膝のお皿の上や膝のお皿の斜め下が痛くなることが多いです。
筋肉の硬さは、日常にストレッチを取り入れることである程度の解消が期待されますので、ぜひこの症状でお悩みの方はストレッチを取り入れるようにしてみてください。

●膝の側面(内側)に痛みを感じる場合

座っている時、歩いている時、足の位置は真っ直ぐでしょうか。
膝の側面(内側)の痛みは「変形性膝関節症」「ランナー膝」「鵞足炎」など加齢やオーバーユース(使い過ぎ)によって起こる場合が多いです。
原因が思い当たらない方でも、カウンセリングしていくうちに「座り方」や「歩き方」などのくせが誘因となっていることもあります。
歩いているときに、足の指が左右どちらを向いているのかで痛みを生じる場所が異なります。
外を向いている方は内膝が痛くなりやすく、内側向いている方は外側が痛めやすいです。

●膝の後面に痛みを感じる場合

膝の後面に痛みを感じる方は、身体の総合的なバランスが崩れてしまっている可能性があります。
後面を痛めてしまうケースは案外少なく、多くが前面と後面のバランスの低下、骨盤位置のゆがみが原因です。

これ以外のタイプも存在しますが、どのタイプでも膝は痛むと長くかかるのですぐにご来院下さい。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ぎっくり腰などの激しい痛みから慢性的な痛みまで、患部の炎症による痛みはハイボルト(高電圧)による施術がおすすめです。
ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に与えることで、痛みの緩和を図るほか、血流を促進し早期回復にも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

東洋医学では「病気になる前の段階=未病」を予防することが重要だと考えています。
経穴(ツボ)を刺激し気血の流れ促進することで、症状を未病の段階で防ぐことが期待できます。
また、筋肉の緊張からなる「肩こり」「腰痛」など症状も経穴(ツボ )刺激により血液循環を促進することで改善が期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言うと、捻挫や肉離れなどのケガに対してしっかりと固める、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
テーピングにはいくつか種類があり、「固定」以外にもケガの「予防」や「パフォーマンス向上」などの目的で使われる場合があります。

 

■骨格矯正

慢性的な腰痛や頭痛、手足のしびれなどにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そのような症状の原因の一つに骨格バランスの崩れが挙げられます。
背骨のズレや、背骨のゆがみを本来の状態に矯正することで、血流が促進され神経の働きを整えていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

「何をしてもつらい、症状がよくらない」「同じ症状にずっと悩まされている」 そのような場合、もしかしたら筋膜が硬くなっているのかもしれません。
筋膜とは筋肉の表面を覆っている膜です。それぞれの筋膜は隣の筋肉の筋膜とつながり有機的に連動しています。
仮に腰痛や肩こりがなかなか改善しない場合、腰部や肩以外の筋膜が関連している場合があります。固くなった筋膜にアプローチすることで症状の改善を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

DPLは英語の「Deep Press Lymph drainage」の頭文字をとったものです。
血行不良がみられる場所に存在するリンパを刺激することで、リンパの流れを促進し、体内の老廃物を排出する施術法です。
DPLはすべてオールハンドで行われるため、卓越した施術能力と医学に関する深い造詣が必要となり美容業界からも注目されています。

 

■カッピング

「カッピング」は老廃物や痛み物質を除去する効果や自律神経のバランスを調整する効果が期待される施術です。
海外のオリンピアンも行うほどよく知られた施術法で、慢性的な症状に悩まされている方や疲れが抜けにくい方、寝つきが悪い方などにおすすめの施術です。

 

■温熱療法

整骨院・接骨院というと電気療法を行ったり、包帯やテーピングを巻いたりするところだとイメージされる方も多いですが、身体を芯から温める各種温熱療法にも力を入れています。
特に慢性化した疾患の改善には温熱療法が欠かせないと考えています。
ホットパック・サーモフォア、マイクロ波、特殊温熱機などを用いた温熱療法によって、人間が本来持っている自然治癒力を高め症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:江島 浩文(エジマ ヒロフミ)
10月18日
A型
福岡県
映画鑑賞
骨格矯正
お1人で悩まずに気軽にご相談下さい。
一緒に笑顔になれる様に共に頑張りましょう。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南柏かいもり接骨院
住所〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13
最寄:南柏駅から徒歩4分
駐車場:あり(2台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院 公式SNSアカウント 南柏かいもり接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南柏かいもり接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中